水道の配管工事について

水回りのトラブルは、一刻も早い対応が必要となる場合が多くあります。そのため水道 評判がよい工事会社を常日頃からある程度目星を付けておき、自分でも配管の寿命や補修に関する知識、費用の相場などを抑えておくと安心です。
家は長く住み続けていると、経年劣化により見えない部分から徐々に不具合が発生してきます。それが表に出てきた場合は、すでにかなり進行していることも珍しくありません。そのような時でも慌てないために、日頃から知識を蓄えておきましょう。

■住宅の壁を通っている配管の寿命

住宅に張り巡らされている配管の寿命は、一般的に20年ほどと言われています。交換することがあまり無いため、給水管は高耐久で痛まないと勘違いされがちです。
しかし、実は意外と劣化しやすい箇所なのです。そしてある程度年数の経った住宅と最近の住宅では使われている素材にも違いがあります。まず少し古い住宅で使われている素材は鋼管になります。鋼管は鉄ですのでとても丈夫で寿命は比較的長いのですが、経年劣化によって錆びてくると水道水が赤くなったり、鉄の味がするようになってきます。
もしいくらパイプ内部を洗浄してもこれらの不具合が直らない場合は交換を検討しましょう。最近では樹脂が使われた管に変更されていることが多く、錆びが発生することはありません。ただし、耐久性という面では鉄よりも弱く、熱にダメージを受けやすい特性がありますので、あまりに熱いお湯や熱せられた油などを長期間流し続けるとつなぎ目部分から劣化が進行し漏れが発生してしまうことがあります。
どちらが良いか悪いかでは無く、どちらも傷みやすく寿命的にはあまり変わりはありませんので、定期的にチェックするようにしておいた方がよいでしょう。

■壁配管と床配管それぞれのメリット

壁に管を伝わらせることのメリットとしては、まず室内が広くなり、高さスペースにゆとりが持てるようになります。室内のデザイン的にも自由が効きやすくなり、オリジナリティ溢れる空間にすることもできます。
また本数自体も減らせますのでトイレも広々、収納スペースも広く取れます。新築からそのまま壁配管になっている場合は問題ないのですが、もしリフォームによって壁に配置する場合は壁に大幅な改修が必要になるため費用が割高になりやすくなり、また住んでいる立地条件によっては最低限の勾配が取れず逆に水の流れが悪くなってしまう可能性もあります。
一方で床の場合は、排水が流しやすく、水量も調整しやすいのが特徴です。壁には手を付けず床の工事だけで終了しますので、費用もとても安く済ませられます。更に壁の場合に比べ大きめのパイプを取り付けられますので詰まりによる不具合もあまり発生しません。壁設置特有のデメリットもありませんので床の場合はとても望ましい設置方法です。

■まとめ
意外にも頑丈と思われていた配管も実は経年劣化により不具合が発生しやすい箇所であることが分かります。メンテナンスでも不具合が直らない時は寿命が来たと割り切って、配管を交換しましょう。
いつ水のトラブルが発生しても良いように、日頃から信頼できる業者を見つけておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ