水道工事をしなくてもいいように日常点検で水漏れ対策

家の回りや屋内には水回り関係のものが至るところに設置されていますので、どんな小さな排水管 水漏れでも放置しておくと家が腐り始めたり、カビが生えたりします。また下水や排水口の漏れに至っては、土壌が緩くなるなど大きな被害に発展してしまう危険性をはらんでいます。そのため点検箇所をおさえておき定期的にチェックするように心がけた方がよいでしょう。

■水道の水漏れ原因

水道蛇口の下の排水パイプの詰まりが原因で水漏れが起こることがあります。また、ゴミや汚れなどが溜まってきて、排水管内の水の流れが悪くなってくると水の逆流が発生します。常に水が流れ続ける給水管からの漏れと違い、使用した時のだけ漏れてくるのが特徴です。
他に、排水管の接続部分の緩みが原因となる場合もあります。こちらは地震などによる揺れや、外部からの衝撃などで歪みが生じ、緩んだ部分から水が漏れ出すというものです。この場合は早急に修理工事しないと、床を水浸しにしてしまい、家財や建物の損傷など二次被害に発展します。
最後の原因が老朽化です。一般に排水管は10年前後が寿命と言われていますので、10年以上経過している排水管については交換することを検討した方がよいでしょう。

■水道の水漏れ補修方法

排水管 水漏れを起こした時に自分で緊急補修をする方法として、最も簡単な方法が排水管内部を洗浄することです。外見を見ても破損箇所が無く、接続部分からの漏れでない場合は内部の詰まりが考えられます。この場合は市販のクリーナーなどで内部の汚れを溶かしていきます。
接続部分から漏れているときは、ナットを締め直すことで解決する場合があります。ある程度締めてみて直らないようでしたら、それ以上強く締めてはいけません。あまり強く締めすぎると破損してしまい、そうなると余計に被害を広げることになります。次に部品の劣化を考えましょう。部品によってはホームセンターでも取り扱っていることが多く、手に入りやすいものであれば自分で交換してしまうのもよいでしょう。
これらを試しても無理なときは、早急に信頼のおける水道工事業者を呼んで直してもらいます。

■まとめ
排水管を日頃から点検することはトラブルの予防にとても有効です。水漏れを起こしやすい箇所をあらかじめ把握しておき、少しずつチェックしていくのもおすすめです。普段から意識しておけば、水漏れを起こした時にも冷静に対処できるようになり、被害も最小限に食い止めることができるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ